名もなき人たちのテーブル
5e9afef0bd21784bceded33c

名もなき人たちのテーブル

残り1点

¥2,860 税込

送料についてはこちら

著:マイケル・オンダーチェ 訳:田栗美奈子 版元:作品社 P311 四六判上製 2019年9月刊 装丁:水崎真奈美(BOTANICA) 「その夜、彼は11歳で、世間のことなど何も知らぬまま、人生で最初にして唯一の船に乗りこんだのだった。」 少年の、故国からイギリスへのたったひとりでの3週間の船旅。それは彼の人生を、大きく変えるものだった。著者は、映画『イングリッシュ・ペイシェント』の原作作家。原題は「THE CAT'S TABLE」。猫用テーブルのことではなく、主人公が大型客船オロンセイ号の食堂で与えられた、もっとも優遇されない「下座」のことだ。そのテーブルには、富や名声とはほど遠いが、個性豊かな人々が集まっている。同世代との出会いもあり、淡い恋心も芽生えたりするのだが、波乱に満ちた航海の終わりにはある事件がおこり、彼らは子どもらしい日々に終わりを告げることになる。せつなく美しく、深い余韻の残る物語。オンダーチェの『戦火の淡き光』もあわせて読んでいただきたいです。