一九三〇年代モダニズム詩集ー矢向季子・隼橋登美子・冬澤弦
5ea3da805157620820a82f0b

一九三〇年代モダニズム詩集ー矢向季子・隼橋登美子・冬澤弦

残り2点

¥2,970 税込

送料についてはこちら

著:矢向季子・隼橋登美子・冬澤弦 編:季村敏夫 版元:みずのわ出版 P239 四六判コデックス装 2019年8月刊 装丁:林哲夫 プリンティングディレクション:黒田典孝(山田写真製版所) 一冊の詩集もないまま消えた、三人の詩人。若き、いまはなき詩人たちの生々しい声がコデックス装の頁のうえに美しく並ぶ。詩だけではなく、かれらの関わった同人誌の人脈から総力戦体制下の文芸活動を検証し、神戸詩人事件の背景にせまる。「消えてしまった、たましいをよびよせる」と念じながら、詩人・季村敏夫はこの書を編んだ。