イジェアウェレへ フェミニスト宣言、15の提案
5ef6d834561e173f8b1b2d0e

イジェアウェレへ フェミニスト宣言、15の提案

残り3点

¥1,518 税込

送料についてはこちら

著:チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ 訳:くぼたのぞみ 版元:河出書房新社 P136 B6変形判 2019年6月刊 ナイジェリア出身の人気作家が、「どうしたら『女だから』という理由でふりかかる、理不尽でマイナスな体験をさせずに子育てできる?」と出産した友に尋ねられ、15の提案を手紙にしたフェミニスト宣言。残念なことに著者が育ったナイジェリアだけでなく、世界中で女性差別はなくなっていない。もちろん日本でも。そして、女性差別だけでなく、あらゆる差別がなくなっていない。だからこそ、人間が生まれていちばん最初に出会う差別意識である女性差別を回避させることは大切だ。 「チザルムに差異について教えてください。差異はありふれたものだと。差異はノーマルなものだと。差異に価値をつけないよう教えてください。理由は、公平とか優しさのためではなく、たんに人間であるため、実際的であるためです。なぜなら差異は私たちが生きる世界の現実だからです。差異について教えることは、彼女が多様な世界で生き延びる力をつけることになります。」  (本文より)