あんぱん ジャムパン クリームパン 女三人モヤモヤ日記
new
5f50a27bbc44dc7265276f9e 5f50a27bbc44dc7265276f9e 5f50a27bbc44dc7265276f9e 5f50a27bbc44dc7265276f9e 5f50a27bbc44dc7265276f9e

あんぱん ジャムパン クリームパン 女三人モヤモヤ日記

残り2点

¥1,430 税込

送料についてはこちら

著:青山ゆみこ・牟田都子・村井理子 版元:亜紀書房 P160 四六変形判並製 2020年7月刊 神戸在住のライター・青山ゆみこ、 東京で働く校正者・牟田都子、 琵琶湖のほとりで暮らす翻訳家・村井理子。 誰もの生活が変わらざる得なくなった今年の春。みんな、とまどい、恐れ、不安を抱えて暮らしています。本にまつわる仕事をする3人の、それぞれのモヤモヤを交換日記で語るエッセイ集。コロナ禍において、「モヤモヤ」という言葉ほどしっくりくるものはない。すごく大変な人も、普段とあまり変わりない生活をしている人も、それぞれに「モヤモヤ」はつきまとう。一人でモヤモヤするよりも、みんなで語ると、少し霧が晴れるような。とはいえ、自粛生活のなか、誰とも話せない人もいるはず。もともと、人とそんなに交わらないという人もいるでしょう。この本を開くことが、人と言葉を交わす、そのかわりにはならないかもしれないけれど、途方に暮れているのが自分ひとりではない、と思えれば少しはげみなるかもしれません。そして、自分以外の人のことも考えるきっかけになれば、と思います。