as it is
new
5f61e45007e163432398ce00 5f61e45007e163432398ce00 5f61e45007e163432398ce00 5f61e45007e163432398ce00 5f61e45007e163432398ce00 5f61e45007e163432398ce00 5f61e45007e163432398ce00

as it is

¥3,300 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

著:川内倫子 版元:torch press 144P+テキスト差し込み18P 仕様:230 x 180mm/ソフトカバー(フランス装) 2020年9月 デザイン:若林亜希子 川内倫子が自身の出産から約3年間、子育ての中で出会った子どもの姿や身近な風景を撮りためて構成した新作写真集。家族とともに見つめた日常風景が彼女を原点へといざなう。一人の母親として感じてきたことも、率直な短い言葉で、写真の合間にときおり挟み込まれている。子どもの姿は、光そのもののようにまぶしい。子どもと過ごすことで見えてくる光景も光に満ち、美しい。しかし同時に、はかなさも感じさせる。その無垢な存在はいつの日か社会に飛びこまなければならない。そして、生と死は連綿とつながっている。家族の時間を見ているようで、そこには普遍的な時間が流れている。四季の移ろい、小さな生きものたち、生と死の瞬間……。日々の愛しさを切実に感じているいまだからこそ、見て欲しい写真集です。