内なる町から来た話
new
5f816ef4d24eee2637fcf07f 5f816ef4d24eee2637fcf07f 5f816ef4d24eee2637fcf07f 5f816ef4d24eee2637fcf07f 5f816ef4d24eee2637fcf07f 5f816ef4d24eee2637fcf07f 5f816ef4d24eee2637fcf07f 5f816ef4d24eee2637fcf07f

内なる町から来た話

残り2点

¥3,190 税込

送料についてはこちら

著:ショーン・タン 訳:岸本佐知子 版元:河出書房新社 P224 B5判変形 2020年8月刊 装丁:永松大剛 世界中で翻訳されているショーン・タンの最新作、2008年に発表された『遠い町から来た話』の姉妹編とも言うべき絵本。動物を題材にした25の物語が収められている。ビルの高層階に住むワニ、都会の夜空に浮かぶシャチ、空港のロビーで獲物をついばむワシ……。どの動物たちも、いるべきではないような場所にいる。ストーリーを読まずにぱらぱらと絵だけを見ていると、いったい何が起こっているのかと不思議でならない。でも、お話をひとつ読み終わり絵を見ると、心がぎゅうとつかまれる。あるいは、いるべきではない場所にいるのは人間ではないのか……という気持ちがふつふつとわいてくる。短い物語のひとつひとつが一冊の本であるかのように心に残るので、ゆっくりと読んでほしいです。