NEWS

「100ものがたり」刊行のお知らせ

橙書店からいしいしんじさんの本が生まれました。

「ここにおさめられた『おはなし』は、2021年に熊本市現代美術館でひらかれた『こわいな! 恐怖の美術館』のために書きました。99編を展示し、好きな1編を持って帰ってもらうのです。書いていくうちこれは、一冊の本をめぐる物語でもある、とわかりました。こうして一冊にまとまって、すべての『おはなし』が喜んでいます。本もです。(いしいしんじ)」

いしいさんが熊本の土地をめぐり、お話を集めました。すべてのお話の舞台が熊本なので、住んだことのある人ならばきっと知っている場所が出てくるはず。もちろん知らない人にも楽しめます。熊本城、江津湖、阿蘇、荒尾競馬場、八千代座……橙書店も舞台のひとつです。主人公は黒くてだえん形の「くま」と、あじつけノリみたいな「くろ」。地震の大きな揺れで、でっぱったりへこんだりした、大きなギザギザのひびがある「くま」の前にまっくろの「くろ」が現われ、くまの怪我には、薬として『おはなし』が効くのだと言います。二人はお話を集める旅に出て……。ちょっぴり怖くて、せつなくも楽しくもあり。さいごまで読めば、読む人にも効能がある再生の物語。人々は大昔から、怖いとき、悲しいとき、いつも物語を口承で語ってきました。それがいまでは本という形を持っています。本を開いて、「くま」と「くろ」と一緒に旅をしてください。
1000冊限定、すべていしいしんじさんのサイン入りです。(サインは別紙となります)