new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

アルテリ 14号

¥1,100 税込

送料についてはこちら

編集:アルテリ編集室(橙書店)P158 A5判 2022年8月刊 デザイン:大畑広告準備室 装画:黒田征太郎 橙書店発行の文芸誌14号です。11号からつながっている背表紙には、猫の眼が見えてきました。まずは、森崎和江さんを追悼して、森崎さんから石牟礼さんに宛てられた書簡を掲載。石牟礼さんと渡辺さんの日記連載も続きます。石牟礼さんの日記解説には町田康さんが登場。そして今回は渡辺京二さんと石牟礼道子さんを慕い、熊本で創作活動を続ける作家・坂口恭平さんに渡辺さんと対談していただきました。災害にコロナ禍に戦争に……と心がざわつくことの多い世の中ですが、石牟礼さんが言うようにせめて「悶えてなりとも加勢せんば」と思います。 〈目次〉 森崎和江     「道子さんへ」 池澤夏樹     「悶え神の憂鬱」 町田康      「自爆のような復活〈日録④解説〉」 石牟礼道子    「日録④」 川野太郎     「ファミリー・ビジネス」 浪床敬子     「2人の時間」 渡辺京二×坂口恭平「アルテリ対談」 渡辺京二     「日記抄③」 吉本由美     「空き地」 磯 あけみ    「ふう」 田尻久子     「願う」 ゆうた      「原告意見陳述要旨と、世界の見え方の話」

セール中のアイテム