ぼくはいしころ
new
5f7e96708f2ebd0f39d9d532 5f7e96708f2ebd0f39d9d532 5f7e96708f2ebd0f39d9d532 5f7e96708f2ebd0f39d9d532 5f7e96708f2ebd0f39d9d532 5f7e96708f2ebd0f39d9d532 5f7e96708f2ebd0f39d9d532

ぼくはいしころ

¥1,650 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

文・絵:坂本千明 版元:岩崎書店 P32 B5判変型 2020年9月刊 デザイン:椎名麻美 編集:筒井大介(野分編集室)  ぼくは街でひとり暮らす猫。だれもぼくのことを気にとめない。道端の石ころと同じ。でもある日「こんばんは」と声をかけてくる人間がいた。紙版画で描く、ある黒猫の物語。 ぼくといしころはおんなじ、と思って暮らす猫が、声を獲得するまでの物語。声を発しない間も、紙版画で見事に表現された「眼」が心の声をものがたります。その輝きに、おもわず手を差し伸べたくなりました。声をあげることのできない、あらゆる弱者と猫が重なるようでもあります。