椿の海の記
5ea3b68dcee9ea2f8519b0c5

椿の海の記

残り2点

¥935 税込

送料についてはこちら

著:石牟礼道子 版元:河出書房新社 P320 文庫版 2013年4月刊 カバーデザイン:緑川晶 装画:波多野光 カバーフォーマット:佐々木暁 「やまももの木に登るときゃ、山の神さんに、いただき申しやすちゅうて、ことわって登ろうぞ」 -本文よりー 「水銀漬」にされて「生き埋め」にされた水俣の、豊饒な、石牟礼道子の原風景が言葉によってよみがえる。はだしで盲目の、精神を病んだおもかさま。四歳のみっちんは、その手をしっかりと握りさまよう魂によりそう。『苦海浄土』を読みたいけどいまだ読めないという方はぜひこちらからどうぞ。