new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

小さきものの近代 1

3,300円

送料についてはこちら

SOLD OUT

著:渡辺京二 版元:弦書房 P320 A5版 2022年7月刊 装丁:水崎真奈美 装画・挿画:中村賢次 維新以来の近代国民国家建設の過程で、支配される人びと=小さき人びとが、その大変動をどう受けとめ、自身の〈近代〉を創り出すために、どのように心を尽くしたかを描く壮大な物語。(帯より) 『逝きし世の面影』『江戸という幻景』『黒船前夜』『バテレンの世紀』に続く、日本近代素描。鮮かに浮かび上がるのは、名もなき人びとの物語。渡辺さんが亡くなる前日まで書き続けた、熊本日日新聞の連載をまとめた第一巻です。遺稿で連載は続いており、第二巻まで発行予定。庶民の手記などから描き出す、幕末の明治史です。渡辺さんの原点、「小さきもの」を見つめた最後の仕事。

セール中のアイテム