{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

Pastel

残り2点

¥3,300 税込

送料についてはこちら

著:坂口恭平 翻訳:サム・マリッサ 版元:左右社 P156 A4判変型並製 2020年11月刊 装丁:STUDIO 峯崎ノリテル・正能幸介 写真:帆刈一哉、坂口恭平 坂口恭平のパステル画集第一弾。 畑へと向かう道、江津湖、有明海、そして光と影、色彩、温度、空気…… 2020年4月から8月までの風景の記録であり、坂口恭平の変化の記録。見知った風景もあれば、そうでない場所もある。しかし、どの絵もどこか懐かしい。どの絵の光も暖かくその場所を照らし、ともに光を浴びたいという気持ちになる。絵を見て、もう浴びているのかもしれないが。躁鬱病を患う著者がこの地にたどり着いたことを祝福したくなるような画集です。