病と障害と、傍らにあった本。
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

病と障害と、傍らにあった本。

残り1点

¥2,200 税込

送料についてはこちら

著:齋藤陽道、頭木弘樹、岩崎 航、三角みづ紀、田代一倫、和島香太郎、坂口恭平、鈴木大介、與那覇 潤、森 まゆみ、丸山正樹、川口有美子 版元:里山社 P256 四六判上製 2020年10月刊 装丁:服部一成 病や障害の名でひとくくりにできない固有の症状や想い。誰かと分かち合うことのできない時間、傍らにあった本とは。ー帯より 弱っている、あるいは弱っている人の傍に寄り添っているという状態は難儀だ。その状態は誰一人同じではないし、欲することもみな違っている。この本に書かれたひとりひとりの言葉は、だからこそ切実で、響くものがある。辛いとき、苦しいとき、本が助けになる人もいれば、むしろ読めないという人もいるだろう。でもこの本が傍らにあることはお守りになる。その日が過ぎ去った人や、いままさに苦しんでいる人の傍にいる人や、いままさにその渦中にある人の。そしていつか来るかもしれないその日のためのお守り。とはいえ、純粋に楽しめる本でもあります。