僕は、太陽をのむ
5ea6d7da34ef010910c56266 5ea6d7da34ef010910c56266

僕は、太陽をのむ

残り3点

¥1,320 税込

送料についてはこちら

著:牧野伊三夫 版元:港の人 P152 四六判変型並製 2015年12月刊 装画・絵:牧野伊三夫 装丁:四月と十月デザイン室(青木隼人・牧野伊三夫) 題字:牧野伊三夫 編集:上野勇治  著者・牧野さんは毎朝の散歩の途中、太陽を食べるように大きく口をあけて深呼吸をするそうだ。夏はやけどしそうになり、冬は、体が温まる、とある。絵を描く準備でもある、そうだ。あるとき絵にして、それがこの本の題名になった。表紙はもちろん口を大きく開けて太陽をのまんとする男の絵。紹介を書こうとして久しぶりにこの本を開くと、「るーさんが鎌倉から東京へ遊びにきて~」という文字が目に飛び込んだ。この「るーさん」は今はもういない彼女のことだなと思って、少しさびしくなった。深呼吸をしたときのように、少し呼吸が楽になる本です。