男の子になりたかった女の子になりたかった女の子
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

男の子になりたかった女の子になりたかった女の子

残り1点

¥1,650 税込

送料についてはこちら

著:松田青子 版元:中央公論新社 P248 四六判上製 2021年4月刊 写真:石野郁和 装丁:大島依提亜 いまや海外でも注目を集める作家・松田青子の最新短編集。「誰のものでもない帽子」では、母親がコロナ禍で子どもを連れて逃げる。来週からリモートワークになると夫に告げられた彼女は、耐えられないと思い、隠し持っていたクレジットカードを頼みの綱に知らない街のホテルへと向かう。彼女を救うのはSNSで偶然目にした「結婚する時、もしもの時に逃げられるお金を隠しておいたほうがいい」という知らない女の人の言葉だ。どの物語にも通底するのは「連帯」の意識。たとえ見知らぬ人々でも、世代が違っても、あるいはジェンダーが違っても私たちは連帯することができるし、連帯することで乗り越えられることがある。表題作には「これは私の物語だ」とすっかり同調してしまった。さらに音読してみたら、なんだか勇気がわいてきた。この本を読む私たちはすでに連帯している、と言えよう。