new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

本屋という仕事

残り1点

¥1,870 税込

送料についてはこちら

編:三砂慶明 版元:世界思想社 P216 四六判並製 2022年6月刊 装画:横山雄(BOOTLEG) 装丁・本文デザイン:タキ加奈子(soda design) 本屋は焚き火である 人はなぜ本屋をたずねるのか?本屋が生み出す新しい価値とは?18人の書店員が語る本屋の仕事。ー帯文よりー 本屋に行かなくとも本を買える世界になった。それでも本屋をたずね、購入し、さらには集う人たちがいる。本は売れなくなったと言われて久しいが、それでも新しく本屋をはじめる人がいる。なぜいまだに本屋が必要な人がいるのか、という問いにこの本が答えるわけではないが、本屋が必要な人たちがいる、ということは少なくともわかっていただけると思う。本をつくる人、売る人、買う人、本屋を訪ねる人、すべての人は火を絶やさぬよう薪をくべている。 *橙書店・田尻久子も寄稿いたしました。 ▶本書に登場する18人の書店員 モリテツヤ(汽水空港) 宇田智子(市場の古本屋ウララ) 田尻久子(橙書店・オレンジ) 奈良敏行(定有堂書店) 辻山良雄(Title) 堀部篤史(誠光社)  黒田義隆(ON READING) 北村知之(梅田 蔦屋書店) 岡村正純(大阪高裁内ブックセンター) 徳永圭子(丸善博多店) 東二町順也(紀伊國屋書店新宿本店) 北田博充(書肆汽水域・梅田 蔦屋書店) 磯上竜也(toi books) 長江貴士(元さわや書店フェザン店) 鎌田裕樹(元恵文社一乗寺店) 狩野 俊(コクテイル書房) 田口幹人(合同会社未来読書研究所・北上書房) 編者:三砂慶明(読書室・梅田 蔦屋書店)